ARMM副政府は、避難したマラナオ人を故郷に戻すために議会の支援を求めています

Haroun Al-Rashid LucmanJr.-特別合同会議-2017年7月22日

ARMM副知事HarounAl-Rashid Lucman Jr.は、ミンダナオでの戒厳令の延長の問題に取り組むために、議会の特別合同会議中にいくつかのメモを取りました。娘のハリッサ・ルクマンによると、彼はマラナオ人の窮状についてスピーチを準備していましたが、話す機会が与えられなかったため、彼女はフェイスブックのタイムラインにスピーチを投稿しました。 (ハリッサ・ルクマンのFacebookアカウントからの写真)

イスラム教徒ミンダナオ自治区(ARMM)のHaroun Al-Rashid Lucman Jr.副知事は、マラウィ市での戦闘によって避難したマラナオ人を連れ戻すための支援を求める土曜日の特別合同会議のスピーチの準備をしました。



ミシェル・ファイファーそのホワイトゴールドの歌詞

しかし、彼は話す機会を与えられませんでした。それで彼の娘、ハリッサ・ルクマンは投稿しました Facebookでのスピーチ 日曜日に。



私たちに対する戒厳令は抑圧的で、虐待的で、非人間的である、と副知事は彼の演説で言いました。それは私たちがマルコスの支配の間に受けた戒厳令です。私たちの人々はそれを恐れ、嫌います。

しかし、彼は、ARMMがマラウィのイスラム国に触発されたマウテテロリストグループに対する軍事作戦を支援していることを明らかにした。



まず、これらのテログループに対するARMM政府の立場を明確にしましょう。私たちは彼らに対する軍事作戦を支持し、彼らを完全に無力化してほしいと思っています。私たちは彼らが私たちの土地に再編成して恐怖をまき散らすことを許してはならない、とラックマンは言った。 ISISは全体として人道に反対しており、人道は彼らと戦うために団結しなければなりません。

国立緊急対策本部によると、リュックマンは未配達の演説で、国内避難民(IDP)の数はすでに527,000人に達していると述べた。この数は、マラウィの実際の人口である207,000人を超えていたと彼は言いました。

その理由は、州の自治体の人々でさえ、ラナオ以外の他の地域に逃げてきたからです。経済的な理由もありますが、戒厳令を恐れているためも多いと彼は言いました。



しかし、ARMMの指導者は、戒厳令については、国民が恐れていることを除けば、問題はないと述べた。

私は戒厳令に問題はありません。私はその規則の下での私の権利を知っていると彼は言った。しかし、戒厳令を恐れているため、私たちの人々は可能な限り遠くに逃げ、多くの場所に散らばっていました。

昨日[金曜日]、マニラ警察は、情報筋によると身分証明書を持っていないため、キアポのイスラム教徒の少年を尋問のために切り上げたと彼は付け加えた。 IDPになるのは十分に難しいことです。自分のものではなく、テロリストであると疑われる場所に住むことは、二重に困難です。

彼の演説の終わりに、彼は議員に彼の人々の感情に敏感であるように促した。

フィリピンの訓練法

あなたの名誉は、ここでのあなたの決定が何であれ、私たちの人々の感情を感じてください、と彼は言いました。家に帰りたいです。ラナオは私たちがなりたい唯一の場所だとラックマンは言った。家に持ってきてください。

ハリッサ・ルクマンは、フェイスブックの投稿で、スピーチに同行した父親の写真についてのメモを追加しました。この写真は、昨日、議会でスピーチを書いているときに撮影されました。彼はそこにいて、私たちマラナオ人に代わって話すチャンスを待っていました。しかし、彼にはチャンスが与えられませんでした。このスピーチを投稿することは、彼の個人的な宣伝を目的としたものではなく、さらに、これは要求に応じて投稿されました。これは私たちに希望を与えるためのものでした。これは、私たちマラナオ人に、公務員(または少なくとも一部)が私たちを捨てていないことをどういうわけか確信させるためのものでした。そして多分、この投稿を通して、私たちの感情はより高いレベルにいる人々に届くでしょう。私たちはみんな一緒にいます! / atm