コカ・コーラ日本一、飲み物は豊富だがコーラはない

この2016年11月17日の写真では、労働者が東京近郊の神奈川県海老名市にあるコカ・コーラ海老名工場の製品ラインを見ています。エビナにあるコカ・コーラの工場では、ボトルとキャップにそれぞれ除染剤をかけ、水で洗い流しています。巨大な大桶からのお茶で満たされたボトルは、毎分900回点滅します。それらは検査され、ラベルが付けられ、ロボットのラインで箱詰めされます。24時間体制で植物を一周するボトル入りのお茶のノンストップパレードです。 AP

この2016年11月17日の写真では、労働者が東京近郊の神奈川県海老名市にあるコカ・コーラ海老名工場の製品ラインを見ています。エビナにあるコカ・コーラの工場では、ボトルとキャップにそれぞれ除染剤をかけ、水で洗い流しています。巨大な大桶からのお茶で満たされたボトルは、毎分900回点滅します。それらは検査され、ラベルが付けられ、ロボットのラインで箱詰めされます。24時間体制で植物を一周するボトル入りのお茶のノンストップパレードです。 AP

日本、海老名市—コカ・コーラは半世紀にわたって日本でナンバーワンの飲料メーカーですが、それはコーラの人気のおかげではありません。代わりに、アメリカのソフトドリンクブランドは、この社会が喉の渇きを癒す風変わりな方法に適応しています。



コカ・コーラの約100万台の自動販売機は、日本の全自動販売機の約半分を占めています。それらの多くは、CokeとCokeZeroを在庫しています。しかし、これらの最先端の機械で販売されている飲料のほとんどは、同社の同名のソーダとは何の関係もありません。



より大きなお気に入りの中には、ジョージアブランドの缶コーヒー、オレンジ風味の水、そしてもちろん、伝統的な飲み物である緑茶があります。

日本はザコカ・コーラカンパニーの米国に次ぐ第2の市場であり、年間売上高は1兆円(100億ドル)を超えています。しかし、ここの消費者は、ファンタやスプライトなど、米国で長年愛されている飲み物に夢中ではありません。 アヤラランドは繁栄しているケソンシティの足跡を固めます クローバー型:メトロマニラの北の玄関口 なぜ予防接種の数が私を株式市場についてより強気にするのか



代わりに、流行を愛する悪名高い日本人は、ドリアンの香りのするフルーツやガーリックキムチなどの奇妙な味のソーダドリンクなど、さまざまな奇妙な製品をトレンドから別のトレンドへと変化させます。

コカ・コーラの製品はそれほど進んでいませんが、コカ・コーラは日本だけで850種類の飲料を取り揃えており、廃止されたブランドは含まれていません。最も人気のあるのは、日本のかわいいカルトにアピールするように設計された水滴の形をした森の生き物、Qooです。

コカ・コーラジャパンの上級副社長である和佐隆氏は、同社の東京本社でAP通信に語った。



ヒットする確率はたぶん1000分の3だと彼は言った。

年間売上高が10億ドル以上の20のコカ・コーラグローバルブランドのうち、4つは日本からのものです。水瓶座、ゲータレードのような飲み物。いろはボトル入り飲料水と綾鷹緑茶。他の世界的なトップセラーは、コーラドリンクであるか、ミニッツメイドやマットレオなどの買収を通じて追加されました。

ブラジルで非常に人気のあるハーブティーであるマット・レオは、地元の好みに適応した例です。

しかし、同社の日本事業はそれを極端なものにしていると、コカ・コーライーストジャパンの上級執行役員であるレイモンドシェルトンは述べています。

ニュージャージーレストランウィーク2016

私はコカ・コーラのために世界中を旅したことがありますが、これほど多様な製品や、これほど集中的なペースでの新製品の発売は見たことがありません。

シェルトン氏によると、日本の消費者は毎日さまざまなカテゴリーの飲料を飲んでいるため、より幅広い需要があると言えます。

過去10年ほどで、緑茶は日本で7,770億円(75億ドル)のパッケージ飲料市場に成長しました。現在、多くの日本人は、急須に浸すよりも、ペットボトルに入れて便利に包装されたお茶を好みます。

そのため、コカ・コーラの重要なブランドであるアヤタカは、0.5リットル(1パイント)のボトルで140円(1.30ドル)で販売されています。京都を拠点とする1600年の歴史を持つお茶の生産者である上林春松と共同で開発された綾鷹は、シンガポール、香港、台湾でも販売されています。

ウェンジー氏いいやつ

綾鷹茶の広告は、京都の見習い芸者と日本人シェフによる味覚テストで、その味が急須のお茶と見分けがつかないことを保証しています。

酸性の瓶詰めされたコーラとは異なり、緑茶は、腐敗を防ぎ、その風味を維持するために、瓶詰め中に特別な注意を払う必要があります。コカ・コーラは、2014年以来約400億円(3億6000万ドル)を投資して、日本の組立ラインを2倍の9に増やし、防腐加工などに対応しています。

東京の南西にあるエビナにあるコカ・コーラの工場では、ボトルとキャップに除染剤をかけ、水で洗い流しています。巨大な大桶からのお茶で満たされたボトルは、毎分900回点滅します。それらは検査され、ラベルが付けられ、ロボットのラインで箱詰めされます。24時間体制で植物を一周するボトル入りのお茶のノンストップパレードです。

小売業者は需要の高い製品のみを在庫しているため、新製品、または少なくとも新しい適応を考え続けることへのプレッシャーは高いです。

日本でボトル入りの緑茶を開拓した伝統的なお茶メーカーである伊藤園が率いるこのお茶の栽培国でのコカコーラの競合他社は、緑茶飲料に粉末茶を追加して曇らせ、より多くのものにするというコカコーラのリードをすぐに模倣しましたティーポットからより豊かな味わいのお茶を刺激します。

キュウリ風味のペプシのように、注目を集めるためにカワリダンや奇妙なアイテムとして特別に開発された製品もあります。または、余分なフィズがあるガス量の場合は、ペプシストロング5.0GV。

サントリービバレッジ&フードのスポークスマンである木賀晃氏は、日本でペプシを販売し、コカ・コーラを2位の市場シェアで追いかけていると述べた。私たちは、私たちが楽しいブランドであることを人々に知ってもらいたいと思っています。

それでも、堅実な収益に関しては、コカ・コーラのようなサントリーは、水、コーヒー、緑茶の3つのセグメントを頼りにしています。

力を持ち続ける強力なブランドの構築に取り組みたいと木賀氏は語った。

東京のSMBC日興証券のアナリスト、沖平義康氏は、コーラやファンタなどの炭酸飲料がコカ・コーラの日本の売上高の5分の1を占め、コーヒーと紅茶が40%を占めると推定しています。

コカ・コーラの自動販売機の軍団は、肌寒い日にホットドリンクを提供するものが多く、大きな資産です。その利点を生かすために、同社はコカ・コーラの自動販売機で購入した15杯ごとに1杯の無料ドリンクを提供する、または購入したドリンクに応じてSpotifyの音楽プレイリストを送信するスマートフォンアプリケーションを導入しています。

日本のお茶製品は、人々の健康志向が高まる中、世界市場で強力な資産となっています。高齢化が進み、消費者がうるさい日本は、ますますそのようなトレンドをリードしていると沖平氏は言います。

たとえば、麦茶の焙煎は世界的な可能性を秘めており、アメリカ人はそれを本当に気に入っているかもしれないと沖平氏は語った。

多くの日本人と同じように、50歳のタクシー運転手坂部正隆は、長いシフトで目を覚まし続けるために缶コーヒーを含むさまざまな飲み物を毎日飲んでいます。しかし、彼はコークスも大好きで、特にフライドチキンやフライドポテトのような脂っこい食べ物が大好きです。

私は、ダイエットの種類ではなく、赤い種類のコークスが大好きです。それはあなたをとてもリフレッシュさせます、と彼は言いました。 TVJ