籾殻の価格も上昇

バーリーの男性は、科学都市ムニョスの国道近くの山から籾殻を袋に入れます。以前はパレーミリングで不要な副産物と見なされていた籾殻は、ipaとも呼ばれ、高価な商品になりました。現在、その購入価格は1キログラムあたり1ペソに上ります。アンセルモロケ/インクワイアラーセントラルルソン

フィリピン、ムオズの科学都市—かつてはパレーの不要な副産物と見なされていた籾殻は、ここではイパと呼ばれ、現在はヌエバエシハ州の農業地域では高価な商品となっています。



かつて、精米業者はイパの処分を彼らの主要な問題の1つと考えていました。



ここでの農業研究機関の記録によると、国内で毎年製粉される1,400万メートルトンのパレーのうち、少なくとも310万トンがipaになります。

農業の専門家は、大規模な製粉業者が数ヘクタールの土地をイパの投棄場に捧げたと述べた。余地のない他の人々は、これらが灌漑用水路、小川、または川に向かって雨水によって燃やされたり洗い流されたりした道端を含め、他の場所にそれを捨てました。



サンノゼ市精米業者協会のエドガルド・アルフォンソ会長は、セメント製造業者が製品に籾殻を使用しているため、ipaが高価になったと述べた。

籾殻を動力源とする発電所の燃料としても使用されているipaは、現在1キログラムあたり80センターボで販売されていると彼は語った。

サンノゼシティIパワーコーポレーションの最高執行責任者でもあるアルフォンソ氏は、今年の第4四半期に発電所が稼働を開始すると、サンノゼの精米業者26社から1kgあたり1ペソで籾殻を購入する予定であると語った。



工場では毎年10万トンから12万トンの籾殻を使用します。それは私たちの街で毎年生産される量の約70パーセントであると彼は言いました。

アルフォンソ氏は、彼の会社は別の発電所を設置することを計画しており、サンホセ市とその近隣の町の工場から噴出された残りの籾殻を購入すると述べた。

タラベラの町には、12メガワットの電力を生成する別の発電所が建設されています。同工場は、同町に本拠を置く大型精米所で生産された籾殻を使用するという。

しかし、政府が配布する平床乾燥施設を運営している農家は、施設の機械に電力を供給する籾殻の供給不足と高コストについて不満を持っています。

科学都市ムニョスで乾燥施設を運営しているウィリー・ベルナルド氏によると、私は今、籾殻を2,000ペソ(いすゞエルフトラックに搭載されている場合)または5,000ペソ(10輪トラックに搭載されている場合)で購入しています。

時々、製粉業者がセメント工場にそれを売るので、私は[籾殻を手に入れるために]何日も待たなければならない、と彼は言いました。

また、籾殻の価値上昇の影響を受けるのは、炭化籾殻(CRH)の生産に従事する人々です。ここでフィリピン米研究所(PhilRice)によって推進されている、CRH、または部分的に燃やされた籾殻は、有機肥料、土壌改良剤、浄水器、フィルター、または吸収剤の基質、または生物が成長または付着する表面として使用されます、木炭または臭気中和剤。

PhilRiceは、パンガシナン州のOrganic Farmers Unit Associationが、CRHの生産を日本に輸出することで最初に現金化したと述べた。

他の5つの組織も、PhilRice、フィリピン農村再建運動、およびCRHの輸出に従事する企業と協力してCRHの生産にお金を稼いだと述べた。 アンセルモ・ロケ、インクワイアラー中央ルソン